SMILEの35日間・・・最後に

ARTEMIS OF HITOMI ANGEL STAR JP
月の女神のように強く生きてほしい・・・そう願い名付けたスマイルの登録名です。

2010年8月14日 
血統上や遺伝上に問題が無いことを調べて「子供が生まれたらいいね」と両家で話していましたが、
「SKIPには無理だろう」と思っていました。ところ遊びに行ったママ妹ちゃんの家で成功!

2010年10月10日 
長女 笑美ちゃん200グラム 16時誕生 
次女 スマイル125グラム 16時50分誕生

私はにそろそろかな?と妹ちゃんの家に様子を見に行ったら、5分も経たないうちにすぐに産気づき、私と妹ちゃんのママが2匹を取り上げました。

$SKIP♪


お産は軽く、特にスマイルはスムーズで胎盤など直ぐに妹ちゃんが処理したのですが、抱き上げたときに直ぐに異常に気がつきました。
お臍に薄い膜しかなく、血の塊が盛り上がっていました。肝臓の動くのが見え掛かり付けの病院に急ぎました。

日曜日、5時過ぎ・・・待合室で待たされ、やっと見てもらえて・・・病院ではお腹の両端を糸で縫って飲む抗生剤を処方され帰されました。 スマイルは元気にぴーぴーと泣き続け、生きようとしているんだと思いました。

ところが翌日には糸がほどけ血が滲み出し再度同じ病院で縫合処置

交配に当たって、「何があっても例え障害があっても、産ませるからには最後まで生まれた犬は面倒を見よう・・・何匹生まれてもちゃんと育てよう」と主人には言われていました。
でもまさか、本当にこんなことが起きるとは思っていませんでした。 病院の処置に疑問を抱き、他の病院に電話をして聞いて回りますが、その処置以外には答えが殆どでした。

そんな中で、連れて来てみてくださいという病院やっとを見つけて翌日に連れて行きました。
糸が雑に縫われて他に炎症を起こしていると言われ再度縫合。
生まれてたった2日間で3回も縫われて毎日病院・・・可哀そうでなりませんでした。
でも、その縫いなおした糸すらまた切れて、血が滲んできました。

そんな時に優しい友人が一生懸命調べて下さり、町田にいい獣医さんがいらっしゃる。前にもこういう事例を扱ったことがあると教えてくださいました。

藁をもすがる思いで3日目、夜の9時にもかかわらず、病院に電話をしました。
「今から連れてきなさい」そう言われて直ぐにSMILEを連れに妹ちゃんの家に向かいました。(スマイルは2日間は妹ちゃん笑美ちゃんといました)

その時点で、主人は「何か判断や決断が必要になった時に話しあっている時間は無いから、自分たち夫婦が二匹のうち、スマイルをもらうことにして育てよう」と言われ・・正直私は迷いました。

助かっても短い命であることは必然で費用もどれだけかかるか知れないし、散歩だってできるかどうかわからない。出来たら元気な子を育てたい・・・

そんな私に、主人は「自分たちが助けないで誰が助けてやれるんだ」と言いました。
「そうしてスマイルを育てよう、助けよう」と心が決まり、助けるためには何でもしようと心を鬼にしてスマイルを母親から奪うように引き離して病院に向かいました。

夜の11時、待っていてくださった先生は糸を全部ほどき、塗られていた抗生剤をすべて奇麗にして診てくださいました。 臍ヘルニアのひどい状況。しかも今までの治療で正常な皮膚を縫い、傷をつけ
化膿し、肉まで抉って裂け始めていました。
それでも、病院で預かり休診日は自宅で診てくださると言ってくださり、私たちの闘病は始まりました。
$SKIP♪


出産後に母親から離すなんて勝手だ、という声も頂いたのですが、病院で相談し、生きることをまず優先して・・・「人口授乳でも大丈夫ですよ、お母さんが一生懸命育てればいい子になりますよ」と言われて離していました。

毎日片道1時間半かけて病院に通い、1~2時間、スマイルに色々なことを話しかけ、帰り道泣きながら歩いていました。でも、日に日に大きく元気になり希望も出てきました。

$SKIP♪


約一週間半、傷は治り始めスマイルが元気になってきました。 ある日、病院に行ってスマイルを
抱いたら目が開きました。 初めて目が開いた瞬間私と目が合いました。希望が見え本当に幸せでした
日に日に傷が小さくなっていき、動き回るネズミみたいになってきました。
$SKIP♪


目が開き、表情がでてくると私たちはもう、夢中でした。
スマイルと呼ぶと振り向きます。ヨタヨタと駆け寄ってきました。
$SKIP♪

先生とワクチンの相談をしました。42日目で1回目、合計3回の摂取をすることにして約3カ月でワクチンが終了。「大きくなって耐えられるようになったら 早急にヘルニアの手術をしましょう」そんな話をしました。
42日目が11月22日、3ヶ月後はお正月・・・じゃあクリスマスやお正月を 家で一緒に過ごして、
それから手術かな?
春には一緒に散歩させてやれるかも?そんな夢が膨らみ始めました。

$SKIP♪


スピッツクラブ展の前々日、スマイルが倒れました。呼吸が苦しくなる症状が出始めて急遽酸素室に入ることになりました。狭い酸素室で息をしながら私が行くと喜んでBOXの端を掻きながら出ようとします。抱いてやりたい、でも触ることすらできません。

スピッツクラブ展当日、終了を急いでSKIPの頑張りを伝えてやりに駆けつけました。
まだ酸素室でしたが少し元気になってきました。そして、仮退院トライアルの許可が出ました。

嬉しくて嬉しくて、慌てて家中の部屋にケージを用意してどこにでも一緒にいられるようにして、たくさんのおもちゃやクッションを用意して、ママが恋しくならないように保温型の白い犬のぬいぐるみを用意して、小躍りして連れ帰りました。

$SKIP♪


たった2日でした。
幸せと、心配で眠れなくてずっとスマイルを見ていました。スマイルはちょっと傍を離れると鳴いて呼びます。姿が見えないと悲しそうに呼びます。でもあまりの可愛さにずっと見とれていました。
そして、やはり呼吸が苦しそうになり・・・何かのためにと思って用意していた酸素ボトルを充てると楽になるらしくホームセンター中のボトルを買い占めて使いながら病院に急ぎました。

スマイル再入院。また酸素室に入りました。

でも、楽に息ができてあの子が生きられるなら、そう思うと、再度の病院通いも苦ではありませんでした。

笑うことが多くなり、右耳の後ろを掻いてやると右足をトントントントン・・・とたたき、左耳を掻くと左足をトントン・・・繰り返し掻いてやると喜んで転げまわっていました。
私もいつもスマイルと声をだして笑っていました。
顔を近づけるとぺろぺろと嬉しそうに舐めてくれました。本当に可愛かった・・・

$SKIP♪


最後の夜はSMILEの夕方の食事に間に合わせて病院に行きました。
自力でお皿から食べられるようになり、おいしそうに舌なめずりして全部食べました。
「スマイルすごいね!偉いね」と話しかけると嬉しそう尻尾を振っていました。
「元気に大きくなろうね・・・」と子守歌を歌い寝かしつけて、隣のケージに入院中ののワンちゃんが興奮すると悪いな」と思い、目を覚まして行かないでと鳴くスマイルに「明日はお仕事終わった父ちゃんと来るからね!」そう声をかけて後ろ髪をひかれながら病院を出ました。

$SKIP♪


お昼前には主人が帰って一緒に病院に行く予定でした。
主人がいないときには9時の開院と同時に病院に行きご飯を食べさせていました。
主人が行ける日には午後の4時開院に合わせてご飯を食べさせていました。
この日は午後に行こうと思ってSKIPの散歩をして、何故か気になって電話のところに行ったら、突然鳴りました。

「突然スマイルが呼吸できなくなりました。気管挿入します。直ぐに来れますか?」9時18分でした。

タクシーに飛び乗り横浜駅に向かい、横浜線のホームでまた電話が鳴りました。「心臓が止まりました」
私の時間も止まりました・・・電車で号泣するのが止められませんでした。

10時5分。駅からタクシーを飛ばして到着。病院に飛び込みました。スマイルは白い布の下にいました。

温めても揺さぶっても頬ずりしても・・・何をしても無駄でした。 慌てて駆けつけた主人も私ももうどうしようもなかったです。

病院からの帰りにスマイルを抱いて、SKIPの散歩する大好きな公園を・・・話して聞かせながら「ここにくれば、SKIPパパとかあタンがいるからね」と歩きました。
夜暗くなってから、近所を一周話しながら抱っこして散歩してやりました。 これで家に帰るのには迷わないかな・・・と話しながら・・・。

そして、昨日の火葬となりました。

たくさんの皆さんと先輩ワンコに伝えてくださったお陰でスマイルは 飛びたてたこと思います。
本当にありがとうございました。

これを最後にもう、スマイルのことは書くことは無いと思います。
でも、何かの機会に話していただくことや思い出していただくことはとっても嬉しいです。

私にとってのかけがいのない、愛する可愛いスマイル、幸せな時間でした。

最後に・・・
どんな犬にも寿命があります。別れの時は覚悟しています。
スマイルは特に覚悟して飼った子です。でもどんなことをしても幸せにしてやりたかったです。

愛する犬と過ごせる時間をどうぞ、十分に楽しんで慈しんでください。
「手がかかって大変・・・」って何て羨ましい言葉なんだろうと思っていました。

私もSKIPと悔いのない時を過ごします。

にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
Secret

プロフィール

SKIP♪

Author:SKIP♪
日本スピッツの
 SKIPとIVY
メインクーン(猫)の
 KITTYと
横浜に暮らしています♪

✤勉強したこと
 ペット栄養管理士
 愛玩動物飼養管理士1級
 動物看護士
 ドッグトレーナー
 (JCSAマスターライセンス)
✻SKIP(2007.7.30)
  日本スピッツ♂8歳
✻IVY(2011.12.1)
  日本スピッツ♀4歳
✻KITTY(2015.4.30)
 メインクーン♀10ヶ月
✻ 妹(まい)ちゃん
  (2006.5.14)
SKIPのお嫁さん
(近所に住んでいます)
✻笑美ちゃん
(2010.10.10)
   SKIPの娘
🌠 SMILE
(笑美ちゃんの姉)
 35日で虹の橋に渡った
 SKIPの娘
🌠 ロシナンテ 
 15歳で虹の橋に渡った
 (猫)の兄さん
🌠 じゃがいも
 17歳で虹の橋に渡った 
 (猫)の姉さん           

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

リンク

フリーエリア